水戯庵 SUIGIAN

舞台

「天狗舞」ウィーク:7月12日 (火) ~17日 (日)

本企画の皮切りは、
伝統的な山廃造りを代表する「天狗舞」です。

ディナータイムは、「天狗舞」の産地に縁のある食材を使った
料理のペアリングだけでなく、
地元である石川県・金沢から
創業文政五年の九谷焼窯元「鏑木商舗」より、
酒器の提供を受けて、美しい九谷焼により、
日本酒のタイプごとにその魅力を最大限に引き出します。

能楽公演のコンセプトは、“酒”。
全て“酒”に縁のある演目で、
能のリズム「序破急」で構成される
五番立て「神男女狂鬼」に基づき上演いたします。

最終日・17日 (日) は、純邦楽器による“酒”をテーマにした
柔和なサロンコンサートでお寛ぎいただけます。

「天狗舞」ウィークは 7月17日 (日) をもって終了いたしました
ご来店いただき 誠にありがとうございました

【 第一日目:7月12日 (火)

開場 18:00/上演 19:00~

料金 27,500 円 (税込)

日本酒:天狗舞
泡影[スパークリング]| 涼吟 純米大吟醸[季節酒]
岡田謙治 純米大吟醸[非売品]| 古古酒 純米大吟醸
大吟醸生酒 中三郎[希少酒]
料 理:風姿花伝 天狗舞スペシャル
先付・御膳・焼物・食事・本日の甘味・抹茶

上演終了後に料理のご提供になります。

山井綱雄

山井 綱雄
演 目:[神]「西王母」
三千年に一度、花咲き実の成る西王母の園の桃。その実を食すれば不老長寿を手に入れることが出来るという伝説の桃。
ちょうどその時に治政をしていた中国皇帝の徳を讃えて現れた西王母は、その桃の花と実を皇帝に与え、なおなお平和な良い世の中に治めよと、曲水の酒宴の盃に浮かぶ桃の花に戯れ舞い、やがて天上に消え去った。
出 演:金春流
西王母:山井綱雄
笛:栗林祐輔 | 小鼓:鳥山直也 | 大鼓:佃良太郎
太鼓:大川典良 | 地謡:本田布由樹、中村昌弘

【 第二日目:7月13日 (水)

開場 18:00/上演 19:00~

料金 27,500 円 (税込)

日本酒:天狗舞
泡影[スパークリング]| 涼吟 純米大吟醸[季節酒]
岡田謙治 純米大吟醸[非売品]| 古古酒 純米大吟醸
大吟醸生酒 中三郎[希少酒]
料 理:風姿花伝 天狗舞スペシャル
先付・御膳・焼物・食事・本日の甘味・抹茶

上演終了後に料理のご提供になります。

武田文志

武田 文志
演 目:[男]「安宅」
兄の源頼朝の誤解を受けて命を狙われる源義経。山伏に変装して奥州平泉の藤原秀衡を頼って落ちのびる義経一行を捕らえるために新関所を国々につくられたところ、安宅の新関所を通りかかり、難儀のうちにようやく通過する。
その後に、義経一行と知りつつ労う関守冨樫の持参した酒にて酒宴となり、弁慶は勇壮に舞いつつも「虎の尾を踏み毒蛇の口を逃れる」心地にて、また足早に出立していく。
出 演:観世流
弁慶:武田文志
笛:栗林祐輔 | 小鼓:鳥山直也 | 大鼓:佃良太郎
地謡:武田友志、清水義也

【 第三日目:7月14日 (木)

開場 18:00/上演 19:00~

料金 27,500 円 (税込)

日本酒:天狗舞
泡影[スパークリング]| 涼吟 純米大吟醸[季節酒]
岡田謙治 純米大吟醸[非売品]| 古古酒 純米大吟醸
大吟醸生酒 中三郎[希少酒]
料 理:風姿花伝 天狗舞スペシャル
先付・御膳・焼物・食事・本日の甘味・抹茶

上演終了後に料理のご提供になります。

和久荘太郎

和久 荘太郎
演 目:[女]「草紙洗」
宮中での御歌合わせ(競い合う歌会)で和歌の名人である小野小町と相手をすることになった大伴黒主は、前夜に小町の屋敷に忍び入り和歌を詠じているのを盗み聞きする。
御歌合せ当日、小町の歌が読み上げられると、黒主は「万葉集に既に詠まれた盗作だ!」と指摘、所持する万葉集を帝に提示する。
小町はその墨付きなど違和感あり、洗ってみたいと訴えて洗えば、黒主の入れ筆した跡は消え去る。
黒主は切腹をしようとするが小町はそれを制して、酒宴となり、和解の舞を舞う。
出 演:宝生流
小町:和久荘太郎
笛:栗林祐輔 | 小鼓:鳥山直也 | 大鼓:佃良太郎
地謡:川瀬隆士、田崎甫

【 第四日目:7月15日 (金)

開場 18:00/上演 19:00~

料金 27,500 円 (税込)

日本酒:天狗舞
泡影[スパークリング]| 涼吟 純米大吟醸[季節酒]
岡田謙治 純米大吟醸[非売品]| 古古酒 純米大吟醸
大吟醸生酒 中三郎[希少酒]
料 理:風姿花伝 天狗舞スペシャル
先付・御膳・焼物・食事・本日の甘味・抹茶

上演終了後に料理のご提供になります。

金剛龍謹

金剛 龍謹
演 目:[狂]「融」
京都六条河原院は、栄耀栄華を極めた源融の邸跡。毎日、三千人の人足を使い、難波の海(大阪湾)から海水を運び、邸内の池を海水で湛えて、汐汲みをさせて風情を楽しむ日々を過ごしていた。
融の死後、すっかり荒れ果てた跡地に来た旅の僧の夢に、融の霊が現れ、昔の様に酒宴を繰り広げて舞を舞うが、夜明けと共に全て夢と消え去った。
出 演:金剛流
源融:金剛龍謹
笛:小野寺竜一 | 小鼓:曽和伊喜夫 | 大鼓:原岡一之
太鼓:大川典良 | 地謡:豊嶋晃嗣、宇髙竜成

【 第五日目:7月16日 (土)

開場 18:00/上演 19:00~

料金 27,500 円 (税込)

日本酒:天狗舞
泡影[スパークリング]| 涼吟 純米大吟醸[季節酒]
岡田謙治 純米大吟醸[非売品]| 古古酒 純米大吟醸
大吟醸生酒 中三郎[希少酒]
料 理:風姿花伝 天狗舞スペシャル
先付・御膳・焼物・食事・本日の甘味・抹茶

上演終了後に料理のご提供になります。

長島茂

長島 茂
演 目:[鬼]「紅葉狩」
戸隠山に狩に来た将軍平維茂は、山奥で紅葉狩の酒宴をする不思議な貴族の女性たちと交わることになる。
この世の人とも思えぬほどの美女達に囲まれ、盃の数も重なるうち、女は美しい舞を優雅に舞うが、維茂の眠りに落ちたのを見定めると突如鬼の本性を現わして激しく舞う。
出 演:喜多流
鬼女:長島茂
笛:小野寺竜一 | 小鼓:曽和伊喜夫 | 大鼓:原岡一之
地謡:金子敬一郎、内田成信

【 第六日目:7月17日 (日)

開場 17:00/上演 18:00~

料金 19,800 円 (税込)

日本酒:天狗舞
泡影[スパークリング]| 涼吟 純米大吟醸[季節酒]
岡田謙治 純米大吟醸[非売品]| 古古酒 純米大吟醸
大吟醸生酒 中三郎[希少酒]
料 理:花鏡 天狗舞スペシャル
先付・御膳・本日の甘味・抹茶

安嶋三保子 田辺しおり

田辺 しおり 安嶋 三保子
演 目:[酒]
「泉」
昭和29年、宮城道雄 作曲。
泉の元で人々が幸福に充ち溢れ、水をくみかわす様子や、美しい花に囲まれた田舎の泉などを想像して作曲された。
「笹の露」
地唄。菊岡検校 作曲。別名「酒」。酒にまつわる様々な故事・伝説を引いて、酒の功徳をたたえた曲。
「酒にまつわる歌メドレー」
今回の為に2人でアレンジ。「舟歌」「茶色の小瓶」等。
出 演:芸納言
箏:安嶋三保子 | 尺八:田辺しおり

全日程、別途サービス料10%を頂戴いたします。