水戯庵 SUIGIAN

JAPANESEJP

ENGLISHEN

舞台

舞台

江戸時代に狩野派の絵師が描いたと言われる由緒正しいこの老松を背景に、
能や狂言、日本舞踊、雅楽など流派を超えた伝統芸能が日々上演されます。
日本の伝統芸能を“宴”として間近で身近に愉しめるのは、
〈水戯庵〉ならではの贅沢な体験の一つです。

日程表

前月へ11月翌月へ
1
箏と尺八

出演:百川 芸納言
田辺しおり
安嶋三保子

2
日本舞踊

出演:百川 芸納言
藤間京之助、他

3
貸切営業


45
日本舞踊

出演:百川 芸納言
藤間京之助、他

6
日本舞踊

出演:百川 芸納言
水木歌蓮、他

78
箏と尺八

出演:百川 芸納言
田辺しおり
町田夢子

9
貸切営業


10
日本舞踊

出演:百川 芸納言
花柳喜衛文華、他

11
日本舞踊

出演:百川 芸納言
花柳喜衛文華、他

12
箏と尺八

出演:百川 芸納言
松岡幸紀
安嶋三保子

13
日本舞踊

出演:百川 芸納言
花柳喜衛文華、他

141516
日本舞踊

出演:百川 芸納言
藤間京之助、他

17
臨時休業


18
日本舞踊

出演:百川 芸納言
花柳喜衛文華、他

19
日本舞踊

出演:百川 芸納言
泉葵三照、他

20
日本舞踊

出演:百川 芸納言
泉葵三照、他

2122
日本舞踊

出演:百川 芸納言
水木歌蓮、他

2324
日本舞踊

出演:百川 芸納言
水木歌蓮、他

25
貸切営業


26
日本舞踊

出演:百川 芸納言
泉葵三照、他

27
日本舞踊

出演:百川 芸納言
花柳喜衛文華、他

2829
日本舞踊

出演:百川 芸納言
泉葵三照、他

30

定休日 特別公演

Powerd by - PHP工房 -
11月
前月へ 翌月へ

定休日 特別公演

Powerd by - PHP工房 -

都合により出演者・演目等に変更がある場合がございます。
あらかじめご了承ください

百川 芸納言

芸納言

特別公演以外の日もディナーとバータイムは、毎夜「百川 芸納言」による舞台をご観覧しながら、ご飲食を愉しんでいただけます。
7〜8分程度のダイジェスト版の演舞を1時間毎に上演し、食事や語らいの席の余興に最高の演出となります。

「芸納言」とは女流の日本舞踊、長唄、箏曲、尺八演奏家によって構成された、一流の芸を伝える女流芸術家たちです。

【百川 芸納言 公演時間】
火~土曜 19:00~ で複数回の公演
日曜 18:00~21:00 で複数回の公演
特別公演以外は、昼営業(11:30~15:00)の舞台公演は実施いたしません。

第十四回〈水戯庵〉文化メゾン
「美味しい神楽 Vol.2」

— 石山社中 十世宗家家元による語らいと実演 —
11月30日 (水) 開催

美味しい神楽

創始300年、四世紀にわたり里神楽を相伝してきた無形文化財「武州里神楽」。
石山社中の十世としてこの世に生を受け、その宿命を全うすべく古きに囚われずに斬新な手法で様々な活動を行っている、宗家家元の石山裕雅が語り舞い謡うスペシャルな企画です。

宿命である神楽の啓蒙活動の一環として、定期的に当店で文化メゾンを開催いたします。
普段から神々と交信している類稀なる男が美味しい食事や飲物と共に、面白おかしく語らいながら皆様を幸せな気分にしましょう、という斬新な催しになります。

演目は、超難度の神楽舞「弓流し」を、琵琶の伴奏・謡 (うたい:声楽) のやり取りで新たに構成した超神楽「神弓」等の実演も織り交ぜながらの濃密な時間の中で語られます。
もちろん神楽に関する素朴な疑問や質問にも丁寧に答えます。神楽だけにこだわらず、世の中の様々なことも題材として語らう楽しい時間を提供させていただきます。

第二回となる今回は、ジャンルを越えて流浪する“現代の吟遊詩人”須田隆久氏をゲストに迎えて、普段では聞けない深い話しと奇跡の実演コラボレーションで、皆さまを不思議な世界へとお連れします。是非この機会をお見逃しなく。

予約サイト「TableCheck」での事前決済予約になります
先着順のため満席になり次第
受付を締め切らせていただきますのでご了承ください

11月30日 (水)
開場 18:30/上演 19:00/閉会 21:00

秋桜(小料理セット)
8,000 円
花重ね(小料理セット)
10,000 円
菊華(御膳セット)
12,000 円
重陽(御膳セット)
15,000 円

追加のご飲食代には別途サービス料10%を頂戴いたします。

出 演:武州里神楽「石山社中」十世宗家家元
石山 裕雅
ゲスト:フラメンコ弾き語り/琵琶奏者/音楽プロデューサー
須田 隆久
演 目:神楽
「弓流し」「神弓」等

21時の閉会後は、「The Bar 神楽師」がオープン。
1ドリンクの追加注文にて、そのままご滞在いただけます。石山裕雅が客席を廻ってのフリートークやお客様との記念撮影を行います。

石山裕雅

石山 裕雅 (いしやま ひろまさ)
石山社中 十世宗家家元
神社の神官を祖とし、四世紀十代にわたる関東で最も古い正統神楽太夫の一家の十世嫡子として生まれる。
武蔵国(東京・埼玉・神奈川の一部)に広く名を馳せた歴史と土御門流陰陽師(つちみかどりゅうおんみょうじ)であったことから、石山家の「武州里神楽」は、新座市の無形文化財の指定となる。
大河ドラマ、CM、歌舞伎座、国立劇場、〈水戯庵〉等に出演。
CD「笛の季節「和を以て」リリースし、海外でも広く愛好される。
平成30年度文化庁芸術祭に参加。他、主催公演多数。有料オンラインサロンを運営。
ふるさと納税に貢献する神楽フード・グッズのプロデュース。笛・舞・太鼓・謡・演出など全てに精通し、各界の一流プレーヤーとの共演多数。
神楽の長者“太夫”と称される唯一無二の伝統芸術家であり、広い芸域と深い見識を元に分かりやすく伝統芸能を紐解く語り部として活躍する。
日本学ユニバーシティ教授、日本道師範代行。

須田隆久

須田 隆久 (すだ たかひさ)
フラメンコ弾き語り
琵琶奏者
音楽プロデューサー
音霊言霊の誠を心聲に發し、祈り、絃にはじく。
国を越え、時空を越え、ジャンルを越えて流浪する“現代の吟遊詩人”。
フラメンコを生業とし、自身のルーツの追求をはじめ、琵琶、能楽を学び、海外の能楽公演にて演奏。
他分野のアーティストとのコラボは多岐に渉り、能楽、雅楽、邦楽、アルゼンチンタンゴ、ボサノバ、シャンソン、アラブ音楽、演劇伴奏、クラシック等。また、各地の祈りの場にて奉納演奏も行う。
2020年4月、高音質ハイレゾCD「絃月」をリリース。須田一人で、五種類の絃楽器と様々なボイスを駆使しての多重録音をしております。
正倉院の宝物殿に眠る、螺鈿紫檀五絃琵琶のレプリカを独自のスタイルで演奏する稀有な存在。
インドから伝来し、聖武天皇が愛蔵した現存する最古の楽器です。

Maison Culturelle SUIGIAN Vol.1
序破急 TECHNOH LAB.
12月3日 (土) 開催

序破急 TECHNOH LAB

今まで伝統芸能の公演だけしか許されることがなかった〈水戯庵〉が遂に新しい芸術文化との融合プログラムに本格的に乗り出します。
第一回目は重要無形文化財総合指定シテ方宝生流能楽師・辰巳満次郎氏と日本のテクノシーンを牽引する東洋のテクノゴッド・ケンイシイ氏による新旧の日本を代表するアーティストのコラボレーションを開催いたします。

世阿弥が確立した能芸論の骨子で古代の東洋音楽の時間的概念であ「序破急 (じょはきゅう)をテーマに〈水戯庵の空間で日本の最先端音楽と最古の能楽によるコラボが引き起こす“心技体”の瞬間を是非ご体験ください。

また、第三部では一流の日本の芸を伝える女流芸術家集団「百川 芸納言」とケンイシイ氏がコラボレーションし、こちらも「序破急」を表す三つのリズムでお届けいたします。

料理は、“日本の季節で文化を遊ぶ”〈水戯庵〉のテーマである“二十四節気七十二候”では、当日の12月3日は「小雪(しょうせつ)」となり、この季節の旬な素材を使った創作小料理と各種飲物をご堪能いただけます。

江戸時代に狩野派によって描かれた能舞台の老松に抱かれた最先端のテクノミュージックと伝統芸能の融合〈水戯庵流のおもてなしと共にお愉しみください。

辰巳満次郎 ケンイシイ

辰巳 満次郎(たつみ まんじろう)| ケンイシイ

百川芸納言 木村英智

百川 芸納言(ももかわ げいなごん)| 木村 英智(きむら ひでとも)

予約サイト「TableCheck」での事前決済予約になります

必ず上演時間までにご来店ください
上演時間を過ぎるとご入場いただけない場合がございます

12月3日 (土)
開場 20:00/上演 20:45/閉場 24:30

料金 25,000 円

PDFファイル 1.1MB

受付会場

茶屋 水戯庵(当店 一階)
参加受付及び、ウェルカムドリンク

本 会 場

〈水戯庵〉
第一部:公演
宝生流能楽師・辰巳満次郎 | DJ・ケンイシイ
第二部:鼎談
辰巳満次郎 | ケンイシイ |〈水戯庵人・木村英智
第三部:公演
DJ・ケンイシイ | 百川 芸納言

料理・飲物

懐石料理のコース仕立
(先付・前菜・御造り・煮物・御食事・甘味)
〈水戯庵が生み出した 和の新しいパーティーフードをご賞味いただけます
フリードリンク
ビール・ノンアルコールビール・日本酒(獺祭)
焼酎各種・ワイン・スピリッツ各種・ウイスキー
ソフトドリンク各種

税込・サービス料込み。
当イベントは、主に立食スタイルとなります。お席のご用意には限りがありますので、ご了承ください。
尚、御食事はパーティー用の軽食となっております。

第十五回〈水戯庵〉文化メゾン
「山井綱雄 マンスリー企画 DO YOU 能? Vol.5」

— 能楽「羽衣 (はごろも)」の天女とは? —
12月6日 (火) 開催

山井綱雄 能

山井 綱雄氏 コメント

金春流能楽師・山井綱雄が美味しい食事付きにて能のイロハと仕組みや裏話を語らう90分です。
毎回テーマを決めての語らいの他、能舞台で能の舞 (まい:舞踊) や謡 (うたい:声楽) も実演し、ご観覧いただけます。

また、今さら聞けないインターネットにも答えの出ていない能楽に関する素朴な疑問にも、山井なりのお答えをさせていただきます。

今回は能楽、最大のポピュラー曲ともいえ「羽衣
「羽衣はここまで万人の心を掴んできたのか?
何故“三保 (みほ) の松原”が舞台なのか?
そもそも主人公「天女とは何者なのか?

「羽衣」の世界に内包する大切なメッセージ、その奥に拡がる深い日本文化の世界観を紐解き、能楽の深淵の世界を映像や実演を交えながらご紹介いたします。

東京の中心に生まれた、日本文化の新しい拠点〈水戯庵〉での山井綱雄の親しみ易い能楽漫談に、乞うご期待ください。

予約サイト「TableCheck」での事前決済予約になります
先着順のため満席になり次第
受付を締め切らせていただきますのでご了承ください

12月6日 (火)
開場 18:30/上演 19:00/閉会 21:00

秋桜(小料理セット)
8,000 円
花重ね(小料理セット)
10,000 円
菊華(御膳セット)
12,000 円
重陽(御膳セット)
15,000 円

全て、1ドリンク付き。税込・サービス料込み。
追加のご飲食代には別途サービス料10%を頂戴いたします。

出 演:金春流 能楽師
山井 綱雄
講 演:能楽「羽衣 (はごろも)」の天女とは?
演 目:「羽衣」

21時の閉会後は、「The Bar 能楽師」がオープン。
1ドリンクの追加注文にてそのままご滞在いただけます。山井綱雄が客席を廻ってのフリートークやリクエストによっては実演もいたします。

山井綱雄

山井 綱雄 (やまい つなお)
金春流能楽師
重要無形文化財(総合認定)保持者
公益社団法人 能楽協会 本部理事
公益社団法人 金春円満井会 常務理事
公益社団法人 日本芸能実演家団体協議会 実演環境整備部会員
金春流七十九世宗家故金春信高、八十世宗家金春安明、富山禮子に師事。
金春流能楽師であった祖父の影響で五歳で初舞台。以来、数々の能楽大曲秘曲を披演。
全国にて能楽公演、学校普及公演、講演会を開催。
「NHK文化センター青山本校」「大人の休日倶楽部」「朝日カルチャーセンター」講師。 アメリカ・LA「グラミーミュージアム」公演、スコットランド・エディンバラ国際演劇祭参加、カナダ能公演(団長)、カナダ芸術家創作能オペラ「Kayoi-Komachi」主演等、海外での能楽普及創作にも尽力。
平成26年度、文化庁文化交流使。
洋楽邦楽他、芸術家とのコラボレーション作品、シェイクスピア作品主演など現代演劇出演、多数。
NHK大河ドラマ「江」「真田丸」出演と能楽監修・指導を担当。
金春流は、豊臣秀吉も愛好した1,400年の歴史を持つ能楽最古の流派。“日本人の心”の復活と啓蒙に奔走している。

第十六回〈水戯庵〉文化メゾン
マーティ・グロス監督 作品上映会
12月8日 (木) 14:30/大倉源次郎プロデュース

大倉源次郎 マーティ・グロス”

大倉 源次郎氏 コメント

7月に開催された「第一回〈水戯庵〉文化メゾン」ご出演のカナダ人映画監督・Marty Gross(マーティ・グロス)氏の再来日が決定いたしました。

前回ご好評をいただきました中で、鈴木大拙(すずき だいせつ)の秘書を努めた岡村美穂子氏のインタビューなどを中心に上映させていただき、大倉源次郎が聞き役を努めます。

コロナ禍で活動が限られる現況の中で、彼の作品群は大変貴重であるにも拘らず人目に触れていただく機会が難しい状況です。
本上映会は、彼の来日中の活動資金を調達する意味もあり、皆様のご協力を御願いさせていただく次第です。
〈水戯庵〉木村英智オーナーも全面協力を得て開催いたします。
皆様のご協力、ご支援をよろしくお願い申し上げます。

予約サイト「TableCheck」での事前決済予約になります
先着順のため満席になり次第
受付を締め切らせていただきますのでご了承ください

12月8日 (木)
開場 14:30/開演 15:00/閉会 17:00

和紅茶・甘味付き(映像鑑賞料込み)
5,500 円

税込・サービス料込み。
追加のご飲食代には別途サービス料10%を頂戴いたします。

出 演:能楽小鼓方大倉流十六世宗家
大倉 源次郎
ゲスト:映画監督/プロデューサー
マーティ・グロス

マーティ・グロス

マーティ・グロス
映画監督/プロデューサー
1948年生まれ。カナダの映画監督。
1974年以来、「As We Are「陶器を創る⼈々「文楽 冥途の⾶脚」等の映像作品を制作・監督。
⽇本の芸術、⼯芸に関する映像の修復も多数関わる。
⽶「THE CRITERION COLLECTION」の⽇本映画部⾨コンサルタントプロデューサーも務める。

大倉源次郎

大倉 源次郎 (おおくら げんじろう)
〈水戯庵〉相談役
能楽小鼓方大倉流十六世宗家(大鼓方大倉流預かり)
公益社団法人能楽協会理事
一般社団法人東京能楽囃子科協議会理事
一般社団法人日本能楽会会員
重要無形文化財保持者
昭和32年(1957年)9月7日大阪生まれ。
「流派を超えて21世紀の能を考える能楽座」座員。能公演はもとより、誰もが日本文化である能と気軽に出会えるよう「能楽堂を出た能」をプロデュース。
平成29年に淡交社から「源次郎能楽談義」として能楽囃子方の立場から能の魅力を紐解き、各界の著名人9名の能楽との関わり方をコラムで紹介、世界各地での能楽公演の画像など能楽の魅力が満載された能楽案内本を出版する。

第十七回〈水戯庵〉文化メゾン
「人間国宝・大倉源次郎の夜 Vol.4」

— 野津 (尚) 圭子様を偲んで —
琉球〜大和〜江戸 能楽から組踊へ
12月8日 (木) 18:00 開催

大倉源次郎の夜

野津圭子(のづ けいこ)様は琉球尚王家22代尚裕様の三女として生まれ、野津家に嫁がれた後も琉球文化継承に尽力され〈一般社団法人 琉球尚家式楽振興会〉を結成し、さまざまな活動を起こしていらっしゃいましたが、令和元年9月17日に惜しまれつつご逝去されました。
コロナ禍の中で活動は停止しておりましたが、此処に“感謝を申し上げる会”を有志にて開催させていただきます。

また、第三部の「琉球の風」では特別ゲストとして、琉球への想いを映画監督・河瀬直美(かわせ なおみ)様に語っていただきます。

宮城茂雄 坂井音雅

宮城 茂雄(みやぎ しげお)| 坂井 音雅(さかい おとまさ)

本公演は〈能楽組踊実行委員会〉の会費制公演です
当日会費として 現金でお支払いください
領収書を発行させていただきます

12月8日 (木)
開場 18:00/上演 18:30/閉場 21:00

ご好評につき 受付を締め切らせていただきました
多数のご予約をいただき 誠にありがとうございました

ディナープラン

「風姿花伝/テーブル席」受付終了
付・先御膳・椀・後御膳・物・事・
抹茶と干菓子
23,000 円
「風姿花伝/舞台前・ラウンジソファ席」
受付終了
付・先御膳・椀・後御膳・物・事・
抹茶と干菓子
28,000 円

観覧プラン

「琉歌」受付終了
夜の小料理盛り合わせと1ドリンク
小料理盛り合わせは“お好みの甘味”に変更可能
基本カウンター席でのご観覧、空席があればご希望によりテーブル席へご案内いたします
12,000 円

税込・サービス料込み。

第一部:ご挨拶
大倉源次郎 | 坂井音雅 | 宮城茂雄
第二部:能楽 舞囃子「忠度」
シテ:坂井音雅
笛:平野史夏 | 小鼓:大倉源次郎
大鼓:大倉慶乃助 | 地謡:坂井音隆、坂井音晴
第三部:講演「琉球の風」| 琉球舞踊「作田」
講演特別ゲスト:河瀬直美
「作田」舞:宮城茂雄 | 歌三線:仲村渠達也
“どなたが持てなしてくださったのか手になれたこの団扇、夏の暑い日も涼やかな秋の情けを通わせてくれるのです” 作田節・早作田節にのせて琉球王朝の涼を表現します。

河瀬直美

河瀬 直美 (かわせ なおみ)
映画監督
脚本家
生まれ育った奈良を拠点に映画を創り続ける。
一貫した“リアリティ”の追求はドキュメンタリー、フィクションの域を越えて、カンヌ映画祭をはじめ、世界各国の映画祭での受賞多数。
代表作は「萌の朱雀」「殯の森」「2つ目の窓」「あん」「光」「朝が来る」など。最新作「東京2020オリンピックSIDE:A」がカンヌ映画祭クラッシック部門選出。またCM演出、DJ、エッセイ、書など様々な表現活動を続ける。
2010年に立ち上げた「なら国際映画祭」では、エグゼクティブディレクターとして後進の育成に力を入れ、プロデュースした作品は8作品にのぼる。
2025年、大阪・関西万博テーマ事業プロデューサー兼シニアアドバイザー、ユネスコ親善大使を務め、フランス芸術文化勲章オフィシエを受勲。
プライベートでは野菜やお米も作る一児の母。

大倉源次郎

大倉 源次郎 (おおくら げんじろう)
〈水戯庵〉相談役
能楽小鼓方大倉流十六世宗家(大鼓方大倉流預かり)
公益社団法人能楽協会理事
一般社団法人東京能楽囃子科協議会理事
一般社団法人日本能楽会会員
重要無形文化財保持者
昭和32年(1957年)9月7日大阪生まれ。
「流派を超えて21世紀の能を考える能楽座」座員。能公演はもとより、誰もが日本文化である能と気軽に出会えるよう「能楽堂を出た能」をプロデュース。
平成29年に淡交社から「源次郎能楽談義」として能楽囃子方の立場から能の魅力を紐解き、各界の著名人9名の能楽との関わり方をコラムで紹介、世界各地での能楽公演の画像など能楽の魅力が満載された能楽案内本を出版する。

追加のご飲食代には
別途サービス料10%を頂戴いたします。

特別公演
武州里神楽「石山社中」十世宗家家元 石山裕雅

里神楽「大蛇退治 (おろちたいじ)
12月10日 (土) 開催

里神楽 大蛇退治

現在の東京、埼玉は古くは“武蔵国(むさしのくに)”の一部でした。
その武蔵国の中で最も社格の高いとされる神社、“一宮 (いちのみや)”が大宮氷川神社です。そのご祭神が素戔嗚尊(すさのおのみこと)。

天照大神(あまてらすおおみかみ)の逆鱗に触れ、高天ヶ原を追放された素戔嗚尊が出雲の鳥髪の地に降り立ち、“八塩折(やしおり)の酒”で酔い伏した大蛇を見事、退治する神話で日本最初のお酒の既述がこの“八塩折の酒”。

大蛇の尾より出現した剣こそ三種の神器の一つ“草薙の剣”であり、そして素戔嗚尊の勝鬨とも言える「八雲立つ」の歌が日本最初の和歌と言われています。

さまざまなエピソードと英雄伝説の原点とも言える物語が、この「大蛇退治」です。
この物語の原点である、氷川神社を発祥としている「石山社中」によるめでたい“神楽”で、今年一年を締めくくりましょう。

この「大蛇退治」をテーマにした本イベント限定のコース料理や一膳料理と各種飲物をご用意しています。
このめでたい日を美味しく、楽しく過ごせるように皆様のお越しをお待ちしております。

武蔵国:現在の東京都、埼玉県、神奈川県川崎市・横浜市にまたがる地域を占めた旧国名。武州(ぶしゅう)ともいう。

出 演:武州里神楽「石山社中」
素戔嗚尊:石山裕雅 | 八岐大蛇:柴田直紀
笛:船藏尚一 | 大拍子:髙橋孝子 | 大太鼓:松澤功
演 目:「大蛇退治」

予約サイト「TableCheck」での事前決済予約になります

必ず上演時間までにご来店ください
上演時間を過ぎるとご入場いただけない場合がございます

12月10日 (土)
【 昼の部 】
開場 11:30/上演 12:30 (約40分)/閉場 15:00

ランチプラン

「里神楽」
先付・御膳・御食事・甘味
13,200 円
「出雲」
先付・先御膳・御椀・後御膳・焼物・御食事・甘味
19,800 円

観覧プラン

「花重ね」
昼の小料理盛り合わせと1ドリンク
小料理盛り合わせは“お好みの甘味”に変更可能
基本カウンター席でのご観覧、空席があればご希望によりテーブル席へご案内いたします
9,900 円

表示価格は、全て税込み。
料理は着席次第にご用意させていただきます。舞台と共にお楽しみください。

【 夜の部 】
開場 18:00/上演 19:00 (約40分)

ディナープラン

「里神楽」
先付・御膳・御食事・甘味・抹茶と干菓子
16,500 円
「出雲」
付・先御膳・椀・後御膳・物・御食事・
抹茶と干菓子
22,000 円

観覧プラン

「花重ね」
夜の小料理盛り合わせと1ドリンク
小料理盛り合わせは“お好みの甘味”に変更可能
基本カウンター席でのご観覧、空席があればご希望によりテーブル席へご案内いたします
13,200 円

表示価格は、全て税込み・テーブルチャージ込み。
料理は着席次第にご用意させていただきます。上演・お食事の後は、ごゆっくりとバータイムをお楽しみください。

ご飲食代には別途サービス料10%を頂戴いたします。

特別公演
武州里神楽「石山社中」十世宗家家元 石山裕雅

里神楽「神剣幽助」— 新嘗の舞 —
11月23日 (水・祝) 開催

神楽 神剣幽助

11月23日(水・祝)といえば“勤労感謝の日”ですが、全国の神社では “新嘗祭 (にいなめさい) ” というお祭りが大々的に行われています。

日本神話で“天照大神 (あまてらすおおみかみ) ”が初穂を食べたことが始まりと言われ現実世界でも飛鳥時代から五穀豊穣に感謝する“新嘗祭”が行われてきました。

この日〈水戯庵では石山社中 十世宗家家元による特別演「里神楽『神剣幽助』— 新嘗の舞 —にて最重要の神祭りである“新嘗祭”の日を祝います稲穂を手に“新嘗神楽”を舞い皆さまの永代の五穀豊穣を約束します。

この“新嘗祭”をテーマにした本イベント限定のコース料理や一膳料理と各種飲物をご用意しています。
公演や語らいと共に、最旬の料理を愉しめる当店ならではの特別なひとときをお過ごしください。

新嘗祭:その年に収穫された新米や五穀を神様にお供えし、天皇陛下が共に食して、収穫に感謝する祭祀のことを言います。

本イベントは
11月23日 (水・祝) をもって終了いたしました
ご来店いただき 誠にありがとうございました

能五流と銘醸五蔵を愉しむスペシャル企画
日本酒と“能”で愉しむ〈水戯庵〉
「櫻正宗」ウィーク:10月25日 (火) ~ 29日 (土)

能シテ方五流と名酒五酒蔵を愉しむスペシャル企画

〈水戯庵〉では國酒である日本酒の銘醸蔵元とコラボレーションを行い酒・食・伝統芸能を愉しめるディナーイベントを順次開催中です。

銘醸五蔵は、「浦霞(宮城県塩釜市)」「出羽桜(山形県天童市)」「天狗舞(石川県白山市)」「梵(福井県鯖江市)」「櫻正宗(兵庫県神戸市東灘区)」というその地域を代表する酒蔵です。

料理は、コラボレーションの各酒蔵のある地域に縁のある食材を使った本イベント限定のコース料理や一膳料理等をペアリングし、日本酒の飲み比べでご賞味いただけます。

そして今回は、五つの酒蔵に合わせて、能も様々な上演スタイルを日替わりでご観覧できます。
料理や演能の内容により、お好みのニーズに合わせたプランをお選びいただけます。
是非、この銘醸蔵の自慢の酒と、演能を共に愉しめる貴重な機会をご体験してください。

なお〈水戯庵〉での演能は、演目のクライマックスシーンを15分ほどにまとめたダイジェスト版での公演となります。
食事や語らいと共に、当店ならではの特別な一夜をお過ごしください。

日本酒 料理

「浦霞」ウィークは、2023年の年明けに開催予定です。

「櫻正宗」ウィーク:10月25日 (火) ~ 29日 (土)

10月29日 (土) をもって終了いたしました
ご来店いただき 誠にありがとうございました

「出羽桜」ウィーク:9月20日 (火) ~ 24日 (土)

9月24日 (土) をもって終了いたしました
ご来店いただき 誠にありがとうございました

「梵」ウィーク:7月26日 (火) ~ 31日 (日)

7月31日 (日) をもって終了いたしました
ご来店いただき 誠にありがとうございました

「天狗舞」ウィーク:7月12日 (火) ~ 17日 (日)

7月17日 (日) をもって終了いたしました
ご来店いただき 誠にありがとうございました