水戯庵 SUIGIAN

舞台

舞台

江戸時代に狩野派の絵師が描いたと言われる由緒正しいこの老松を背景に
能や狂言日本舞踊神楽雅楽など流派を超えた伝統芸能が日々上演されます。
日本の伝統芸能を“宴”として間近で身近に愉しめるのは
〈水戯庵〉ならではの贅沢な体験の一つです。

日程表

6月翌月へ
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

定休日 特別公演

Powerd by - PHP工房 -
6月
翌月へ

定休日 特別公演

  • 1(木)
  • 2(金)
  • 3(土)
  • 4(日)
  • 5(月)
  • 6(火)
  • 7(水)
  • 8(木)
  • 9(金)
  • 10(土)
  • 11(日)
  • 12(月)
  • 13(火)
  • 14(水)
  • 15(木)
  • 16(金)
  • 17(土)
  • 18(日)
  • 19(月)
  • 20(火)
  • 21(水)
  • 22(木)
  • 23(金)
  • 24(土)
  • 25(日)
  • 26(月)
  • 27(火)
  • 28(水)
  • 29(木)
  • 30(金)
Powerd by - PHP工房 -
都合により出演者・演目等に変更がある場合がございます。
あらかじめご了承ください。

百川 芸納言

芸納言

特別公演日以外のディナータイムは、「百川 芸納言」による舞台をご観覧しながら、ご飲食を愉しんでいただけます。
7〜8分程度のダイジェスト版の演舞を複数回上演し、食事や語らいの席の余興に最高の演出となります。

「芸納言」とは女流の日本舞踊、長唄、箏曲、尺八演奏家によって構成された、一流の芸を伝える女流芸術家たちです。

【百川 芸納言 公演時間】
水~日曜 19:00~22:00/複数回の公演

特別公演
神楽「剣玉誓約」
5月26日 (日) 開催

神楽 剣玉誓約

神楽 (かぐら) は、天の岩戸 (あまのいわと) の天宇受売命 (あめのうずめのみこと) が舞い踊ったことが起源とされ、神に祈りを、人には祝福を捧げる、長寿・五穀豊穣・災難を祓う、民衆に広く長く愛された伝統芸能です。

天宇受売命:日本神話に登場する芸能を司る女神。

出 演:武州里神楽「石山社中」
天照大御神 (あまてらすおおみかみ) :石山 裕雅
素戔嗚尊 (すさのおのみこと) :柴田 直紀
笛:松澤 功 | 大拍子:髙橋 孝子 | 大太鼓:齋藤 正貴
演 目:里神楽「剣玉誓約 (けんぎょくのちかい)
高天ヶ原 (たかまがはら) を治める天照大御神は伝家の宝玉を奉り、日夜、天下万民の泰平を祈っています。
そこに天照大御神の逆鱗に触れて勘当されていた、弟の素戔嗚尊が意を決して高天ヶ原に昇って参ります。
天照大御神は怒りを露わに素戔嗚尊を責め立てますが、素戔嗚尊はこれまでの悪行を詫び、下界で大蛇を退治し、宝剣を献上に参ったのだと伝えます。
天照大御神は素戔嗚尊の永き罪を許し、和解の証として伝家の宝玉を授けます。
両雄は永遠の和平を誓う「剣玉の舞」を舞い、互いの国の繁栄を祈り合います。
両雄の不和により、永く影を落としていた憂いは祓われ、世界は大歓喜に溢れます。
素戔嗚尊は最愛の妻の待つ出雲国 (いずものくに) へ天降りこれを見送る天照大御神は天下泰平国土安穏を祈り高天ヶ原で尚一層の輝きを放つのでした。
素戔嗚尊が献上した剣は、三種の神器の一つ「草薙の剣」として今日の天皇家に受け継がれております。
天照大御神は八百万 (やおよろず) の神々の最高神として伊勢神宮に素戔嗚尊は武蔵国一ノ宮の大宮氷川神社に祀られ令和の時代もこの日本を守護されています。
天照大御神:日本神話の最高神といわれ「太陽の女神。皇室の祖神として伊勢神宮・内宮に祭られている。
素戔嗚尊:日本神話に登場する代表的な神様。神道の主神とされる「太陽神・天照大御神」の弟。
出雲国:現在の島根県東部を占めた旧国名。

あらすじ

5月26日 (日)

【 昼の部 】
開場 12:00/上演 13:00/閉場 15:30

【 夜の部 】
開場 18:30/上演 19:30

必ず上演時間までにご来店ください
上演時間を過ぎるとご入場いただけない場合がございます

雪月花
花鳥風月
福徳招来
福徳招来 イメージ

観覧・料理プラン

コース「雪月花」
先付・御膳・御食事・甘味・抹茶と干菓子
19,800 円
コース「花鳥風月」
先付・先御膳・御椀・後御膳・焼物・御食事・甘味
抹茶と干菓子
24,200 円
プレミアムコース「福徳招来」
先付・先御膳・御椀・後御膳・焼物・御食事・甘味
抹茶と干菓子
27,500 円

表示価格は、全て税込み・サービス料込み。
料理は着席次第にご用意させていただきます。舞台と共にお楽しみください。

石山裕雅

石山 裕雅 (いしやま ひろまさ)
石山社中 十世宗家家元
神社の神官を祖とし、四世紀十代にわたる関東で最も古い正統神楽太夫の一家の十世嫡子として生まれる。
武蔵国(東京・埼玉・神奈川の一部)に広く名を馳せた歴史と土御門流陰陽師(つちみかどりゅうおんみょうじ)であったことから、石山家の「武州里神楽」は、新座市の無形文化財の指定となる。
大河ドラマ、CM、歌舞伎座、国立劇場、〈水戯庵〉等に出演。
CD「笛の季節「和を以て」リリースし、海外でも広く愛好される。
平成30年度文化庁芸術祭に参加。他、主催公演多数。有料オンラインサロンを運営。
ふるさと納税に貢献する神楽フード・グッズのプロデュース。笛・舞・太鼓・謡・演出など全てに精通し、各界の一流プレーヤーとの共演多数。
神楽の長者“太夫”と称される唯一無二の伝統芸術家であり、広い芸域と深い見識を元に分かりやすく伝統芸能を紐解く語り部として活躍する。
日本学ユニバーシティ教授、日本道師範代行。

経 歴

特別公演
神楽「弓矢八幡」
6月30日 (日) 開催

神楽 弓矢八幡

神楽 (かぐら) は、天の岩戸 (あまのいわと) の天宇受売命 (あめのうずめのみこと) が舞い踊ったことが起源とされ、神に祈りを、人には祝福を捧げる、長寿・五穀豊穣・災難を祓う、民衆に広く長く愛された伝統芸能です。

天宇受売命:日本神話に登場する芸能を司る女神。

出 演:武州里神楽「石山社中」
神功皇后 (じんぐうこうごう) :石山 裕雅
応神天皇 (おうじんてんのう) :柴田 直紀
笛:松澤 功 | 大拍子:髙橋 孝子 | 大太鼓:齋藤 正貴
演 目:里神楽「弓矢八幡 (ゆみやはちまん)
神功皇后が「引弓の舞」を舞い、我が子・誉田別命 (ほんだわけのみこと) を呼び出します。
神功皇后は天皇として武威をもって諸外国と相対し、威徳をもって国を治めるよう誉田別命に申し送り、その象徴として “八幡の弓矢” を授けます。
母子による天下泰平を祈念する連舞が舞われます。
神功皇后は、日本の政権を誉田別命に託し退きます。
皇后を見送った誉田別命は皇位に就き、皇舞を舞って応神天皇として国を導く意思を鼓舞し、みなぎる叡智と武威を天下に示します。
弓矢は武器としてではなく、争いを封じるための守護の象徴です。
“八幡” とは、多くの軍旗の意味であり、応神天皇をご祭神とする八幡神社は篤く武家に崇敬され、日本全国で最も多く四万社が鎮座すると云われます。
神功皇后と応神天皇という日本古代史において傑出した人物が同時に舞台で舞う、豪華にして縁起の良い神楽です。
神功皇后:日本の第十四代・仲哀 (ちゅうあい) 天皇の皇后。卑弥呼 (ひみこ) と並び、古代日本の象徴的なヒロインの一人であり、女将軍の象徴とも言える人物。
誉田別命:日本の第十五代天皇である応神天皇の生前の名前。仲哀天皇の第四皇子。母は、神功皇后。

あらすじ

6月30日 (日)

【 昼の部 】
開場 12:00/上演 13:00/閉場 15:30

【 夜の部 】
開場 18:30/上演 19:30

必ず上演時間までにご来店ください
上演時間を過ぎるとご入場いただけない場合がございます

雪月花
花鳥風月
福徳招来
福徳招来 イメージ

観覧・料理プラン

コース「雪月花」
先付・御膳・御食事・甘味・抹茶と干菓子
19,800 円
コース「花鳥風月」
先付・先御膳・御椀・後御膳・焼物・御食事・甘味
抹茶と干菓子
24,200 円
プレミアムコース「福徳招来」
先付・先御膳・御椀・後御膳・焼物・御食事・甘味
抹茶と干菓子
27,500 円

表示価格は、全て税込み・サービス料込み。
料理は着席次第にご用意させていただきます。舞台と共にお楽しみください。

石山裕雅

石山 裕雅 (いしやま ひろまさ)
石山社中 十世宗家家元
神社の神官を祖とし、四世紀十代にわたる関東で最も古い正統神楽太夫の一家の十世嫡子として生まれる。
武蔵国(東京・埼玉・神奈川の一部)に広く名を馳せた歴史と土御門流陰陽師(つちみかどりゅうおんみょうじ)であったことから、石山家の「武州里神楽」は、新座市の無形文化財の指定となる。
大河ドラマ、CM、歌舞伎座、国立劇場、〈水戯庵〉等に出演。
CD「笛の季節「和を以て」リリースし、海外でも広く愛好される。
平成30年度文化庁芸術祭に参加。他、主催公演多数。有料オンラインサロンを運営。
ふるさと納税に貢献する神楽フード・グッズのプロデュース。笛・舞・太鼓・謡・演出など全てに精通し、各界の一流プレーヤーとの共演多数。
神楽の長者“太夫”と称される唯一無二の伝統芸術家であり、広い芸域と深い見識を元に分かりやすく伝統芸能を紐解く語り部として活躍する。
日本学ユニバーシティ教授、日本道師範代行。

経 歴